滋賀県草津ラグビースクール

校長からのごあいさつ

okumurakoutyou

奥村恭弘(やすひろ)

草津ラグビースクールのホームページへようこそ。

草津ラグビースクールは、昭和56年の滋賀国体(びわこ国体)の開催決定を契機として、草津市在住のラグビー愛好家により昭和48(1973)年10月10日に開校いたしました。

私自身も、高校生の時に「びわこ国体・少年の部」に出場し、また、2人の息子のスクール入校を機に、草津ラグビースクールに関わってまいりました。

ラグビーフットボール競技は、ひとつの楕円形ボールに1チーム15名の30名のプレーヤーが競技をするスポーツで、これだけ多くの選手が同時に運動するスポーツは、他に類をみません。プレーヤーには、ポジションごとにそれぞれ役割があり、その役割は、互いに助け合いながら、生み出される相乗効果によって大きなものへと変わっていきます。

これは、「ひとりは、みんなのために。みんなは、ひとりのために。」という言葉に代表されるラグビー精神にあてはまります。また「ノーサイド」という言葉は、試合中、互いに激しくぶつかり合っていても「ノーサイド」というレフリーの言葉によって、互いの健闘をたたえ、同じラグビーを愛する者の同志、敵と味方が無くなるというものです。

スクールの子供たちにも、日々の活動から、健康な身体の発達と共に、このようなラグビー精神を体得してもらえたらと思っております。

ところで、2015年ラグビーの母国イギリスで開催されたワールドカップでの日本チームの活躍はすばらしく、日本でのラグビーの歴史を大きく変えることとなりました。

また、2016年のリオデジャネイロのオリンピックでは、7人制ラグビー(男・女)が競技種目として採用され、日本チームは男女共に出場しました。

さらに、2019年には、ラグビーのワールドカップが日本で開催されることも決定しております。

この大会は、ラグビー関係者にとって、ラグビーが多くの人々に知られ、興味を持っていただける最高のイベントであり、ラグビーを取り巻く環境が大きく向上するものと期待をしております。

スクール開校以来、多くの指導者や関係者の協力により、40年余りに亘り、活動を継続することが出来ました。

これからも、多くの方々の協力を得ながら、スクールの発展、ラグビーの普及振興に尽力してまいりたいと思っております。

たくさんの子供たちの、入校をお待ちしております。

(→ 『滋賀県 草津市議会議員 奥村やすひろ オフィシャルサイト』


Copyright ©滋賀県草津ラグビースクール All Rights Reserved.