滋賀県草津ラグビースクール

スクール紹介

草津ラグビースクールは、滋賀県草津市に在住するラグビー愛好者により、ラグビーの普及と青少年の健全育成を目的として、昭和48年10月に開校し、今年で42年が経過しました。

現在、草津市ラグビーフットボール協会の活動として取り組んでおります。

指導目標として「ONE FOR ALL. ALL FOR ONE(一人は皆のために、皆は一人のために)」や「ノーサイドの精神」のラグビースピリットの体得を目標にしています。

滋賀県には、大津(瀬田)・草津・野洲・近江八幡・アンツ・米原の6ラグビースクールがあり、当草津ラグビースクールは大津に次いで2番目に発足しました。
平成16年度に、30周年記念として、県内ラグビースクール交流大会の開催や、記念誌の発行をしました。 ball

修了生の中には、昭和56年の滋賀国体の少年の部でキャプテンをしていた村田惣一郎君(日本大学ラグビー部OB)や、膳所高校ラグビー部監督の東谷正宏君、などがいます。また、川崎哲史君、山田昌弘君などは、現在、当スクールの指導者として頑張ってくれています。
練習会場は、草津市内にある、草津市立三ツ池運動公園(芝生)、松下ホームアプライアンス(株)のエコふれあい広場(芝生)、環境衛生センター(芝生)、等の芝生グランドを借用しています。

今後、「タグ・ラグビー」等を取り入れながら、生徒数を増やそうと頑張っております。

 

 

ロゴマーク・エンブレム!!

rogobannerロゴマークはK(草津)、R(ラグビー)、S(スクール)と草津市市章のデザインを取り入れ作成しました。 banner_main
enburemubannerエンブレムは草津市の「市の花」である
「アオバナ」をデザインしました。
enburemu

 

 

 

 

 

 

 

 


Copyright ©滋賀県草津ラグビースクール All Rights Reserved.